ダナン空港で式典、米国が協力 ベトナムで枯れ葉剤除染完了

ベトナム中部のダナン空港で7日、ベトナム戦争中に米軍が使った枯れ葉剤に汚染された土壌の除染完了を記念する式典が開かれた。除染には米国が協力、両国の接近を印象づける事業で、米国のクリテンブリンク駐ベトナム大使は「事業の成功は、発展する両国関係の重要な金字塔だ」と訴えた。

ダナン空港は戦争中、米軍が枯れ葉剤の貯蔵や積み込みに使用。枯れ葉剤に含まれていたダイオキシンによる汚染が特に深刻な地域とされてきた。米側によると、2012年からの作業で、9万立方メートルを超す汚染土や堆積物が高熱処理などにより除染された。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201811070242400010