日米共同統合演習 米海軍、空母艦載機の発着を公開

米海軍は3日、日米共同統合演習「キーン・ソード」に参加し、四国沖の太平洋を航行する原子力空母ロナルド・レーガンで、艦載機が発着する様子を報道陣に公開した。日米の連携を強め、中国をけん制する狙いがある。

3日午後0時半ごろ、ロナルド・レーガンの甲板前方にある四つのカタパルト(射出機)から、FA18戦闘攻撃機がごう音を響かせ、空気を振るわせながら次々と飛び立った。一方、甲板後方では、1分に1機ほどのペースでFA18がワイヤを使った急停止での着艦を繰り返した。

水平線上には複数の海上自衛隊の護衛艦が航行し、米軍と共同で潜水艦を捜す訓練などをした。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201811030234700010