自民部会、入管難民法改正で決議 外国人、医療・年金の納付確認を

外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を巡り、自民党内から異論や慎重論が相次いでいることから、同党の厚生労働部会(小泉進次郎部会長)は29日、社会保障制度の整備を求める決議をまとめた。

日本人との間で不公平感を生まぬよう、医療や年金などの社会保険料の納付状況を厳しく確認することなどを盛り込んでおり、同日午後に法務部会に申し入れる。

法務部会は厚労部会の決議を踏まえた上で同日中に法案審議し、了承を目指す。

日本の社会保障制度は国籍要件を設けておらず、外国人も日本人と同じ要件を満たせば適用対象になる。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201810260466600052