福島第1汚染水浄化、初の公聴会 トリチウム水の放出に反対相次ぐ

東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水の処分を議論する政府の小委員会は30日、国民から意見を聞く初めての公聴会を福島県富岡町で開いた。最も現実的な選択肢とされる海洋放出など現在検討中の処分方法を説明。公募で選ばれた14人が意見を述べ「結論ありきで話が進んでいる」など海洋放出に反対の意見が相次いだ。

公聴会で福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は「海洋放出は福島県の漁業に壊滅的な打撃を与え、これまでの努力を奪う。風評被害を引き起こすのは必至で、強く反対だ」と訴えた。

公聴会は2日間の日程。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201808290183000032