反捕鯨活動を監視 和歌山イルカ漁前に臨時交番設置

和歌山県太地町で9月から始まるイルカなど小型鯨類の追い込み漁を前に県警は21日、反捕鯨団体の違法な活動を監視する臨時交番を畠尻湾前に設置し、警察官らが早速パトカーで町内の巡回に出発した。

臨時交番は2011年からで、今年は女性警察官1人を含む7人で構成。3交代制で勤務し、来年3月末まで24時間常駐する。同町では、これまでにイルカのいけす網が切断されたり、捕鯨の記念碑が壊されたりしている。県警によると、昨シーズンの開所期間中、約50人の活動家を確認した。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201808160164700010