伝統の七夕飾りで地域の絆 高知県越知町西浦地区

わら馬、糸巻き、紙飾り

高知県高岡郡越知町の西浦地区で17日、伝統行事の七夕の飾り付けが行われた。約75メートルのロープに色とりどりの紙飾りや、わらで作った馬、木製の糸巻きなどが飾られ、西浦川の上に渡された。

同地区では旧暦の七夕に合わせて古くから七夕飾りをつるしてきた。谷に渡す縄は、以前は集落の各家が協力してなっており、縄が自然に切れた時期によって豊作かどうかを占っていたという。




https://www.kochinews.co.jp/article/208364/