高知県佐川町で山崎記念天文台の復活へ始動 有志が修理、清掃

日本で初めて彗星(すいせい)を発見した高知県高岡郡佐川町出身の天文学者、山崎正光(1886~1959年)の功績を記念して佐川町が建てた佐川町立山崎記念天文台の“復活”へ、住民有志が動きだした。山崎記念天文台は長らく休眠状態だったが、住民らは「文教の町で星を見る文化を再興したい」と、このほど天体望遠鏡の修理や天文台の清掃を行った。




https://www.kochinews.co.jp/article/192633/