袴田さん、11日高裁決定 審理に4年、再審どう判断

1966年に静岡県のみそ製造会社専務一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)の再審開始を認めるかどうかについて、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、4年に及んだ審理の結論を示す。袴田さんは静岡地裁決定で裁判のやり直しが認められ、釈放されたが、検察側が即時抗告していた。

主な争点は、確定判決で、犯人の着衣とされた衣類の血痕が袴田さんのものかどうか。2014年の地裁決定は、血痕のDNA型が一致しないと判断し、再審開始を認めた。

高裁の審理では、DNA型鑑定の手法を巡り、検察と弁護側が激しい攻防を繰り広げた。




https://www.kochinews.co.jp/article/190051