「高齢ニート」本当に問題なのは親亡き後… 現代が抱える闇“きょうだいリスク”とは?

NHKの特集で話題となった「アラフォー・クライシス」。“不遇の世代”と呼ばれるアラフォー世代が抱える問題は、まさに現代日本が抱える闇に他ならない……。収入が少ないために親と同居せざるを得ない人が増えている。親が“防波堤”となっている間は問題が見えにくいが、親亡きあとはそのきょうだいに負担がかかることも。朝日新書『きょうだいリスク』から問題を考える。

総務省統計局の「就業構造基本調査」によると、日本における非正規雇用者の割合は、1984年の15.3%から2014年の37.4%まで、大きく上昇している。いまや、労働者の3人に1人以上が、非正規労働者として働いているわけだ。

無業者も増えている。15〜34歳のうち、通学、家事を行わず求職活動をしていない、もしくは就業を希望していない「ニート」が2012年時点で61万7300人(就業構造基本調査)。また、ニートの高年齢化も指摘される。経済学者の玄田有史・東京大学社会科学研究所教授が「中高年ニート」(35歳以上49歳以下の人々で仕事を探していない無業者)を就業構造基本調査を使って計算したところ、2002年の時点で49万人に達していた。

さらには「生涯未婚率」が上がっている。「生涯未婚率」とは、50歳時の未婚率を算出したデータであり、国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集」(2014年)によると、2010年の生涯未婚率は男性が20.14%、女性は10.61%だった。そのうえ、70、80年代に比較すると、離婚率も上がっている。

非婚社会の将来像として、2030年には、現在30代半ばの若者が50代となり、50代男性の4人に1人弱が一人暮らしになると予測されている(みずほ情報総研が総務省「国勢調査」(実績値)と国立社会保障・人口問題研究所編「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」による将来推計に基づき算出)。

一人暮らしの中高年が増える一方、支え合う「資源」としてのきょうだいの数は、少子化で減っている。自立できないきょうだいがいれば、それを一人で支えなければいけないという構図は、容易に起こり得る。

■親が「防波堤」になる限り、直視せずに済む「リスク」

「家族社会学」を専門とする吉原千賀・高千穂大学人間科学部准教授は、成人・高齢期のきょうだい関係を研究してきた。吉原さんはこう指摘する。

「成人期以降のきょうだいは『潜在的なサポート源』。近年は家族との同居率が低下し、一世帯あたりの子どもの数も減少してきました。未婚率も上昇し、頼れる存在としてのきょうだいの重要性は増してきています。ただし世知辛い世の中にあり、一方的に頼る・頼られるという関係性に陥ったときに、きょうだいがどうふるまうか。それが今後の課題になるでしょう」

吉原さんは、「長寿の時代」には、きょうだいの関係性も「長期化」していくと指摘する。実は親よりも長い時を過ごす相手であり、少子化できょうだいの人数が少ない分、いい意味でも悪い意味でも、密度が濃い。

一方のきょうだいは親元にいて、もう一方は親元から離れて暮らす場合、親元にいるほうは、主に次の二つの形態が考えられる。

・結婚したきょうだいが、配偶者とともに実家に入る
・結婚をしていないきょうだいが、親との同居を続ける

いま、年々増え続けているのは後者である。

総務省の労働力調査によると、親と同居の壮年未婚者(35〜44歳)は1980年の時点では39万人だったが、2014年には308万人に達したという。

収入が低くて親と同居せざるを得ないという人たちの場合、親が亡くなれば、すぐに貧困状態に陥る可能性がある。その穴埋めをする役割が、「サポート源」として期待されるきょうだいにまわってくるとしたら……。

潜在的なリスクでありながら、親が「防波堤」になっているうちは直視せずに済む。それが現実として突きつけられるのは、親亡き後ということになる。

たとえば夫婦間なら、相手のハプニングをカバーする役割を引き受けたとき、「自分が選んだ相手だから、仕方がない」と諦めがつくこともある。それに対してきょうだいは、生まれながらに与えられた、選びとれない相手というところが大きな違いだ。

親に庇護されて「いまのところ大丈夫」なきょうだいの将来については、誰しも「いまのところ考えたくない」というのが本音だろう。(ノンフィクションライター・古川雅子)




https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2018060100060.html