ろくろ回しと絵付け体験 留学生、砥部焼に挑戦 地元陶芸家が手ほどき

砥部焼を通じて国際交流を図ろうと、愛媛大と松山大の留学生によるろくろ回しと絵付けの一日体験が2日、砥部町宮内の砥部焼陶芸館であった。欧米やアジアなど8カ国の16人が地元陶芸家の手ほどきを受け、思い思いの作品を作った。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news201806030040