市とタオル組合異議申し立てへ 中国企業が「今治」商標申請

中国の企業が、タオル製品を含む商標登録の国際分類で、愛媛県今治市を連想させる「今治」という名称の登録申請をしていることが22日、分かった。今治市と今治タオル工業組合は25日にも、中国商標局に異議申し立てをする方針。

異議申し立ての理由は「『今治』は今治市の行政府の名前であり、地域ブランドである『今治タオル』の原産地として中国で広く知られた外国地名だ」としている。

市と組合によると、中国企業の商標申請は昨年2月で、公告は今年2月末。公告から3カ月以内に異議がなければ認められる。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201805220196100022