袴田さん支援を、富士で署名訴え プロボクシング協会

静岡地裁の再審開始決定で釈放された元プロボクサーの袴田巌さん(82)を支援する日本プロボクシング協会は20日、富士市のふじさんめっせで開かれたボクシング興行「駿河男児デサフィオ―富士の国祭り」で、東京高裁で再審開始が維持された場合でも検察が最高裁に特別抗告しないよう求める署名への協力を呼び掛けた。

協会は一日も早い再審開始を目指す緊急アクション「検察はタオルを投げろ!」を展開中。袴田巌支援委員会のメンバーで元日本スーパーバンタム級王者の真部豊さんが試合の合間にリングに立ち、活動の概要を紹介して「6月11日の高裁決定日に向け、ネット署名をお願いしたい」と観客に求めた。

協会は1月には東京高裁前で街頭活動を行い、裁判を長引かせないよう訴えている。




http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/4924