学びの代償~奨学金返還の実情(2)在学中繰り上げ、バイト漬け

年功序列や終身雇用の働き方が崩れつつあり、将来の奨学金返還を不安に思う学生も多い。

静岡市内の私立大を今春卒業した富山奈々さん(22)=仮名=は返還不安ゆえ、在学中に奨学金の利用を止め、繰り上げ返還も始めた。「アルバイト漬けだった」。学生生活を、そう振り返る。

子どもに関わる仕事を夢見て大学進学を希望した。祖父母の介護で金銭的に疲弊していた両親に学費は頼れない。日本学生支援機構の第二種奨学金(貸与型、利子あり)を、授業料や施設整備費として必要金額ぴったりの約380万円申し込み、富士宮市内の実家から通える大学に進んだ。

合格しても入学金を払えず、入学を諦めた友達もいた。進学できるだけ恵まれていた。

定期代や教科書代。学生生活には想像以上にお金がかかった。学校に慣れてすぐにバイトを始めた。300円の学食も「高い」と利用せず弁当を持参。節約に努めたが、ゆとりはなかった。3年生への進級時にはサークルもやめ、バイトの時間を増やした。

転機は3年の秋。脚のけがで1カ月ほど働けなくなった。収入が途絶えた焦燥感。高校の奨学金説明会で目にした返還困難者の記事を思い出した。「返還できず、生きているのがつらい」

希望する福祉の業界は離職率が高いと聞く。「今大変か、将来大変か」。2択の結果、奨学金を打ち切り、毎月2万円弱の繰り上げ返還にも踏み切った。

週4日は午後10時から翌朝8時までのコンビニ深夜勤務、週2日は午後5時から11時まで居酒屋の接客業務―。一睡もせず通学する日も。寝不足でバイト中に倒れた日もあったが「やめたら退学しかない」。生活は変えられなかった。

実習時間を確保できず保育士や介護関連の資格は断念。就活で、資格がないことを理由に不採用を突きつけられたことも。それでも、職業選択の幅を広げる資格より返還不安の解消や、利子負担の軽減の方が大切だった。

奨学金返還の残高は約250万円。4月からは自宅近くの福祉施設で正社員として働く。約15万円の手取り額から毎月2万円弱を返還する。自宅通勤でなかったら。正社員でなかったら。「返還不能のリスクは本当に身近にあった」

諦めたものも多かったが、バイトに励んで在学中に利用を打ち切り、返還を始めた選択に後悔はない。

<メモ>

文部科学省によると、2017年度の大学や専門学校への進学率は80.6%で過去最高だったが、学生の経済状況は厳しい。

年間の授業料は過去40年間で国立大で約15倍、私立大で約5倍に増えた。日本政策金融公庫の調査では、通学形態や専攻により異なるが、大学入学から卒業までに必要な学費と生活費は数百万円から1000万円以上とされる。一方、日本学生支援機構の調査によると、家庭から大学生・短大生への年間仕送り額は10年間で30万円前後減った。

ただ、学生の過剰な不安による弊害も懸念される。奨学金問題対策全国会議の事務局次長の西川治弁護士(神奈川県)は「進学断念やアルバイトによる勉強時間の不足など、過度な不安が負の影響をもたらしている現状もある」と指摘する。




http://www.at-s.com/news/article/women/series/475240.html