75歳以上医療、1・2%増 平均保険料、月5857円

厚生労働省は30日、75歳以上の約1750万人が加入する後期高齢者医療制度について、4月から2年間の保険料見込み額を発表した。全国平均で1人当たり月5857円で、2016~17年度に比べ72円(1・2%)上がる。年額では7万283円で、859円増。都道府県別では、36道府県でアップし、11都府県では下がる。

保険料が増えるのは、比較的所得の低い人や、会社員や公務員の扶養家族だった人向けの特例的な軽減措置が廃止、縮小されることが主な要因。1人当たり医療費が伸びると見込まれることも影響している。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201803301455300010