オウム死刑囚 移送7人は新実、林、早川、井上、岡崎、横山、中川の各死刑囚

オウム真理教による一連の事件で、東京拘置所に収容されていた死刑囚13人について、法務省は14日、麻原彰晃=本名・松本智津夫=死刑囚(63)を除く7人の他の拘置所への移送を始めた。一連の事件の刑事裁判は今年1月に終結しており、法務省は執行の時期を慎重に検討しているとみられる。

移送されたのは、中川智正(55)▽新実智光(54)▽林(現姓・小池)泰男(60)▽早川紀代秀(68)▽井上嘉浩(48)▽岡崎(現姓・宮前)一明(57)▽横山真人(54)-の7死刑囚。

死刑を執行するのは、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7拘置所。このうち、仙台に1人、名古屋に2人、大阪に2人、広島に1人、福岡に1人移送されたとみられる。

複数の共犯者がいる事件の場合、審理は同じ裁判所で行われることが通例で、被告人は同じ拘置所に拘置される。裁判が終了すると、死刑囚は別々の拘置所に分散して収容される。

分散は、死刑囚を収容する場所が限られているため、他の死刑囚の刑が執行された場合、残された死刑囚に心理面で影響を与えるのを避けることや、同日に執行になったときに、拘置所職員への負担を軽減するなどの目的があるという。

一連のオウム真理教事件では、麻原死刑囚ら13人の死刑、6人の無期懲役が確定。今年1月に元信者、高橋克也受刑者(59)の無期懲役が確定し、全ての裁判が終結した。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000541-san-soci