垂下養殖アサリに舌鼓 浜松、舞阪体験フェアで販売

海産物など食材に恵まれた浜松市西区の地場産品を堪能する「おいしい舞阪まるごと体験フェア」(実行委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が3日、同区の浜名湖ガーデンパークで開かれた。浜名湖で垂下養殖して身を大きく育てたアサリも試験販売され、大勢の来場者が舌鼓を打った。

アサリの垂下養殖は昨年12月、地元漁師と県水産技術研究所浜名湖分場が開始した。湖内で餌となるプランクトンが多い場所、時期に合わせて、アサリを入れた網かごをいかだでつるして生育させる取り組み。2~3カ月で通常よりも明らかに大きな身のアサリが育つとして、付加価値を高めて他産地との差別化につなげる。

会場では大きな身が詰まったアサリの酒蒸しが販売され、多くの来場者が買い求めた。同市北区の会社員男性(60)は「身が大きくて、食べ応えは十分」と話した。西区の男性(41)も「食感がしっかりしておいしかった」と満足げだった。

浜名湖特産の混ぜノリのあぶり体験、蒸しガキやうなぎの販売なども人気を集めた。




http://www.at-s.com/news/article/local/west/453768.html