立憲民主党Twitterフォロワー数、自民抜き1位に 目立つ発信手法の進化

元民進党代表代行の枝野幸男氏が立ち上げた「立憲民主党」のTwitterが急成長している。結党会見直後の10月2日に開設すると、フォロワーが急増。「選挙までに10万人を超える規模に増やしたい」としていたが、わずか2日で達成し、古巣の民進党(約2万4千)をも抜き去った。

さらに10月5日午前0時半前には、これまで既存の国政政党で最多だった自民党(約11万2千)を抜いた。

その他の既存の国政政党は以下の通り(5日午前0時半現在)。ここからは、Twitterのフォロワー数が必ずしも議席数を反映するものではないことがわかる。

・公明党:約7万2千
・日本のこころ:約3万3千
・共産党:約3万2千
・自由党:約2万7千
・社民党:約2万
・日本維新の会:約1万2千
・希望の党:約3千人

立憲民主党のアカウントでは、街頭演説の様子や関連ニュース記事などが頻繁につぶやかれており、フォロワーとのやりとりも多い。1日あたり50ツイート以上で、担当者は「不眠不休」(枝野氏)という。

政党広報紙やオフィシャルホームページの更新情報などをつぶやく政党が多い中、担当者である「中の人」の人格を見せて、親近感を持たせる政党Twitterは珍しい。

たとえば、このような内容がツイートされている。

「応援ありがとうございます。見た目は「冴えないおじさん」かも知れませんが、知性と勇気のある立憲民主党のリーダーです。みなさんの応援がいただけるよう、懸命に頑張っていきたいと思います」

演説の翌日にその様子を1分動画にまとめるなど、ネットで好まれる表現も利用されている。

2011年3月の東日本大震災時に官房長官だった枝野氏に関連し、当時のTwitterで流行したハッシュタグ「#edano_nero(枝野寝ろ)」をもじった「#枝野立つ」も運用している。

こうした細かな施策が、急成長につながっているのかもしれない。

Twitterへの力の入れようは、9月26日に開設した「希望の党」のアカウントと対照的にも映る。

希望の党のツイートは9日間でわずか4個だけ。「#希望の党」というハッシュタグは紹介しているが、ホームページ開設のお知らせなどに止まっている。

一方、いきなり登場した新党アカウントの急成長に、焦りを隠せない既存政党も。「日本のこころ」の「中の人」は、こんなつぶやきをしており、どうやら立憲民主党のTwitterをライバル視しているようだ。

「どうしたら立憲民主くん、もとい立憲民主党を上回れるか」

2013年に「ネット選挙」が解禁されてから2度目の衆院選。ネット発信の手法の進化を競う選挙にもなる。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00010000-bfj-pol