領収書ない支出1658万円 鈴木五輪相の資金団体

鈴木俊一五輪相(衆院岩手2区)の資金管理団体「清鈴会」の政治資金収支報告書に、領収書のない支出が2013~15年の3年間で1658万円あると週刊ポストが報じた。鈴木氏の事務所は18日、岩手日報社の取材に対し「適正に処理している」と述べた。

同報告書によると、15年分はガソリン代や家賃、郵便代、レンタカー代などの支出599万円分について領収書が添付されておらず、領収書などを得ることが難しい支出を指す「徴難(ちょうなん)」と記していた。同様の記載は14年分が563万円、13年分が495万円あった。

鈴木氏の事務所は「支出を裏付ける振込書はある」と説明し、徴難とした理由について「銀行振り込みや口座引き落としで対応したため」としている。




http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170819_7