水都彩る光の大輪 あす17日、西条で花火大会

400年以上にわたり水都の夜空を彩ってきた愛媛県の西条市民納涼花火大会(市観光物産協会主催)が17日午後8~9時、同市喜多川の加茂川河畔中堤防周辺で開かれ、約4500発の花火が打ち上げられる。雨天時は18日に順延。

1585年の豊臣秀吉の四国攻めで、小早川隆景軍と戦って亡くなった禎祥寺の僧侶や地元の豪族らを慰霊しようと翌年の新盆から送り火として始まったと伝わる。

会場周辺では午後7~10時に車両通行止めや駐車禁止などの交通規制を実施する。臨時駐車場はJA西条アグリセンター(中西新開)など4カ所で、今年はカントリーエレベーター駐車場(同)は使用できない。問い合わせは同協会=電話0897(56)2605。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news201708162891