コンビニ従業員向けに セブン、今秋に保育園

セブン―イレブン・ジャパンは10日、加盟店の従業員向けに認可外保育園を開くと発表した。人手不足が社会問題となる中、安心して長く働いてもらえる職場環境を整備する。子育て中の女性の社会進出も後押しする。9~10月に東京都大田区と広島市の2カ所で開き、課題を検証しながら全国に順次展開していく。

保育園の名称は「セブンなないろ保育園」で、今回は店舗の2階に開く。セブン―イレブン加盟店の従業員のほか、同社の社員や地域の住民らも利用できる。従業員の保育料は、安く抑えられるように加盟店が一部負担する。大田区の定員は30人、広島市は19人で、0~2歳児が対象となる。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201708101346800010