重症児デイ施設は高知市朝倉に開設へ NPO「みらい予想図」

高知市内で重症児や医療的ケア児のための放課後等デイサービス施設開設を目指しているNPO法人「みらい予想図」(山崎理恵代表)の開設場所が決まった。9月初めのオープンを目指して近く改修工事に入る。一方、募金は1200万円を突破。驚異的な支援の輪の広がりを見せている。

場所は高知市朝倉南町、フジグラン高知裏側の空き店舗。利用対象児が在籍する高知県立高知若草養護学校の本校(春野町)や子鹿園分校(若草町)、そして体調急変時の緊急対応を依頼できる国立病院機構高知病院(朝倉西町)にも近いという条件で探した結果、2017年春に空き家となった物件を1500万円で購入。このほど売買契約を交わした。

不動産は当初、賃借予定だったが、50件当たっても決まらず、このままでは9月オープンに間に合わないため購入に切り替えたという。購入費以外に改修工事で約600万円、福祉車両や医療、福祉用具、立ち上げ時の運転資金を含めると初期費用は総額3千万円になるという。

資金がなく、借金1千万円でスタートと考えていただけに予想をはるかに超える出費だが、それを可能にしたのは巨額の募金だ。4月下旬の郵便振替口座開設以来、7月26日現在で177人から合計1172万円の善意が。他にも各地でカンパ運動が起こり総額は1278万円に上る。

物件購入はこの支援があればこそ。山崎代表は「経費があまりに膨らんで怖いですが、多額の募金は皆さんの『成功させなさい』という強烈なエール。言葉で言い尽くせないほどの感謝です」と気を引き締める。

改修工事は約1カ月。順調なら9月1日から3日間、関係者向けの見学会を開く。

募金の郵便振替口座は「01670―1―42920」、口座名「特定非営利活動法人 みらい予想図」。問い合わせは山崎さん(090・1326・3819)へ。




http://www.kochinews.co.jp/article/114782/