関係改善に13条件 サウジなど4カ国がカタールに要求

カタールと断交したサウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、バーレーンの4カ国は23日、カタールに関係改善の条件として、カタールの衛星ニュース局アルジャジーラの閉鎖など13項目を突きつけた。ロイター通信などが報じた。4カ国は10日以内の履行を求めているが、カタールに妥協する姿勢は見られず、受け入れは難しそうだ。

サウジ側がアルジャジーラの閉鎖を求めた背景には、同局がサウジの人権問題などを批判してきたことがあるとみられる。ロイター通信などによると、13条件はこのほか、サウジと敵対するイランとの外交関係の縮小や、カタール国内のトルコ軍基地の即時閉鎖などで、仲介役のクウェートから伝えられたという。

サウジなどは今月上旬、イランが支援するテロ組織を援助をしているなどとして、カタールと断交し、国境を封鎖した。孤立したカタールに対し、イランが生鮮食品を輸送するなど支援し、両国が接近している。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000076-asahi-int