夏の夏至祭、200人みそぎ 二見興玉神社、白装束で海へ 伊勢

夏至の21日、名勝・夫婦岩で知られる伊勢市二見町江の二見興玉神社で夏至祭があり、雨の中、ふんどしや白装束姿の男女約200人が、日の出時刻に合わせて海に入り、みそぎをした。

夏至の前後は夫婦岩の中央から朝日が昇る。この日は、悪天候で日の出を拝むことはできなかったが、各地から集まった人たちは準備運動をして海に入ると、夫婦岩に向かって手を合わせていた。

2年ぶり五回目の参加という東京都品川区の自営業能登谷亜紀さん(42)は「今年は雨と聞いていたので海に入れるか心配だったが、無事入れて良かった。朝日を拝めた年も良かったが、こんな雨の年があってもいい」と話していた。




http://www.isenp.co.jp/2017/06/22/4474/