マクドナルド、全店で楽天ポイント導入 支払いも可能に

日本マクドナルドは5月26日、楽天が運営するポイントサービス「楽天ポイントカード」を、6月1日から国内全店舗(約2900店舗)で使えるようにすると発表した。会計時に楽天ポイントカードか、スマートフォンアプリ「楽天ポイントカードアプリ」(iOS/Android)を提示すれば、100円(税込)ごとに1ポイントたまる。ためたポイントは、マクドナルドでの支払いにも利用できる。

今年3月、大阪市内88店舗、東京都内5店舗で先行して楽天ポイントを導入していた。対象店舗を全国に拡大し「マクドナルドでの食事とともに、ポイントの使いやすさを体感してもらい、より一層の利便性向上につなげる」(両社)としている。

今夏をめどに、日本マクドナルドのスマホアプリ「McDonald's Japan」(iOS/Android)に、楽天ポイントとの連携機能を搭載する予定。同アプリでも、楽天ポイントカードの機能を利用できるようにする。

日本マクドナルドは、すでにNTTドコモの「dポイント」とも連携。17年下半期からは、国内全店舗で「Suica」「nanaco」など決済可能な電子マネーを増やす予定。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000046-zdn_n-sci