高知市の桂浜水族館でカワウソと握手できるコーナーが人気

高知市浦戸の桂浜水族館にコツメカワウソと握手できるコーナーがあり、人気スポットになっている。飼育員の谷川愛季さん(22)は「かわいさだけで終わってしまわず実際に触れることで、カワウソへの理解を深めて」と話している。

コツメカワウソは手を使って餌を食べる習性があり、カワウソ舎の前を人が通ると餌をねだり手を伸ばすという。この習性を活用しようと作ったのが、カワウソ舎の直径約4センチの穴。穴に指を入れると、餌をねだるテン君とミズホちゃんと握手できるのだ。

5月末まで午後3時から、基本的に先着10人が握手できる。家族で遊びに来ていた香川県観音寺市の毛利龍斗君(5)は「べとべとしてたけど、目がくりっとしてかわいかった」と喜んでいた。




http://www.kochinews.co.jp/article/96065/