宅配便値上げ、正式決定=個人含め27年ぶり―ヤマト運輸

ヤマト運輸は13日の取締役会で、宅配便の基本運賃に関して、個人向けを含めて全面的に引き上げることを正式に決めた。基本運賃の引き上げは、消費税の増税時を除くと1990年以来27年ぶりとなる。具体的な値上げ幅は今後詰める。

運送業界では、インターネット通販の急増でドライバー不足が深刻化。ヤマトは値上げにより資金を確保し、再配達の負担を軽減するIT投資や利用者が留守でも荷物を受け取れる「宅配ロッカー」の普及拡大を進める。

ヤマトはまた、顧客に対して宅配便の総量を抑えるよう要請。アマゾンジャパン(東京)など法人の利用者との料金改定交渉も進める。

宅配便の配達時間指定サービスについては、ドライバーが十分な昼休みを確保できるよう「正午から午後2時」の区分を廃止することなどを決定。現在、午後8時としている再配達の受け付け締め切り時間は、月内に午後7時に繰り上げる。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000087-jij-bus_all