獣医学部「説明不足」 今治市 シンポ開催、市民へ周知

愛媛県の今治市議会国家戦略特区特別委員会(寺井政博委員長、11人)が24日開かれ、特区を活用した同市への岡山理科大獣医学部誘致について、委員が「市民は誘致に関する(用地無償譲渡などの)情報をあまり知らされず不安がっており、周知が不十分」と指摘。市側は「説明不足をしっかり反省すべきだと思っている。獣医学部が市に定着するよう精いっぱい努力する」と答え、地元説明会などで周知を図る考えを示した。

市担当者は、予定地の今治新都市第2地区に近い高地町住民に21日、学部開設を担う学校法人加計学園(岡山市)、工事業者と3者で2018年4月開学に向けた工事や学部の概要、環境面の安全性を説明したと報告。「他の周辺地区での説明会も調整中」と述べた。広く市民に対しても「シンポジウム開催など周知に向けたさまざまな取り組みを行いたい」とした。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news201703252529