「見返り一切ない」 防府市長、籠池氏紹介を認める

大阪市の学校法人「森友学園」を巡る問題で、山口県の松浦正人防府市長が6日、共同通信の取材に、大阪府豊中市の旧国有地で小学校開設を目指す学園の籠池泰典理事長を、政治団体・大阪維新の会の中川隆弘府議に紹介したと認めた上で「(学園の)教育理念に感銘を受けたが、見返りは一切ない」と説明した。

松浦市長によると、2014年10~12月ごろ、豊中市選出の中川氏や同市の会社経営者の知人数人に籠池氏を紹介。「私も応援しているから、応援してやってくれ」と電話で伝え、協力を依頼した。市長は私費で1、2万円を学園側に寄付したという。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201703061305600010