佐賀・玄海町議会、再稼働に同意 賛成多数、地元理解に前進

佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3、4号機の再稼働の可否を採決し、賛成が多数を占めた。特別委員会は町議全員が参加しており、事実上の議会の同意となる。再稼働の前提となる立地自治体の「地元同意」に向けて前進した。

特別委はこれに先立ち、九電幹部から原発の安全対策に関する聞き取りを実施。九電は、地震や津波などに対応できると主張し、万一事故が起きても被害を最小限に食い止める対策が強化されたと強調した。九電の山元春義取締役は「安全対策工事はほぼ終了した」と述べ、再稼働への準備が着実に進んでいるとアピールした。




http://www.kochinews.co.jp/article/81865/