川内原発「現状強い対応取らず」 知事、稼働継続を事実上容認

鹿児島県の三反園訓知事は22日、県議会代表質問で、運転中の九州電力川内原発1号機(同県薩摩川内市)を巡り「現状では強い対応は取らない」と答弁し、稼働継続を事実上容認する姿勢を示した。

川内原発の安全性を検証する専門家委員会は16日、1号機について、熊本地震の影響は認められず問題はなかったなどとする意見書をまとめ、県へ提出していた。意見書への評価を問う自民党県議の質問に答えた。

三反園知事は午前の代表質問後、報道陣の問い掛けには一切答えず無言で立ち去った。




http://www.kochinews.co.jp/article/81400/