川内原発への鹿児島知事対応批判 新潟知事、再開の事実上容認で

新潟県の米山知事は8日の記者会見で、脱原発を掲げながら九州電力川内原発1号機の運転再開を事実上容認する姿勢を示した鹿児島県の三反園知事の対応について問われ「付け焼き刃というか、準備があっての対応とは思えない」と批判した。

米山知事は、原発再稼働には地元の合意が必要と強調した上で、避難計画の実効性に疑問がある場合など安全性の確保に責任を持てないときは「『再稼働は認められない』と言う権限はある」と述べた。

三反園知事は、定期検査のため停止していた川内原発1号機について、昨年12月の定例県議会で「私に原発を動かすかどうかの(決定をする)権限はない」と発言した。




http://www.kochinews.co.jp/article/78602/