高知県須崎市のしんじょう君が「鍋焼き風ラーメン」をPR

コンビニのローソンが「鍋焼き風(ふう)ラーメン」を発売することになり、高知県須崎市のマスコットキャラクターしんじょう君が2月3日、“試食”した。須崎鍋焼きラーメンプロジェクトXが監修した商品で、しんじょう君も「食べてみてねー☆」。

商品は、鍋焼きラーメンの特徴である鶏ガラしょうゆ味のスープを再現し、卵黄ソースを絡めた。具材は鶏肉とちくわ、県産のヤッコネギ。

電子レンジで加熱するタイプであることから、商品名には「風」を付け、パッケージにはしんじょう君のイラストをあしらった。

須崎鍋焼きラーメンプロジェクトXのメンバー、ローソン高知の幹部らと高知県庁を訪れたしんじょう君は、須崎市元気創造課の守時健さんを通訳に「麺のように長く、スープのように熱く、高知に盛り上がってほしいよー☆」とコメントした。

発売は2月7日から。中四国のローソン1300店で4週間、約4万7千食を発売する。498円(税込み)。




http://www.kochinews.co.jp/article/77772/