パソコンで書類作成体験 重量挙げ三宅選手が確定申告PR

リオデジャネイロ五輪の重量挙げ銅メダリストで埼玉県出身の三宅宏実選手が23日、同県朝霞市の朝霞税務署で確定申告をPRするイベントに参加した。パソコンによる申告書作成を体験し「(税額を)自動で計算してくれ、とても便利です」と感心していた。

三宅選手は職員のアドバイスを受けながら国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を模擬的に作成した。「パソコンは不得意ですが、手順に沿って入力するだけだった。苦手な人でも使うことができますね」と話していた。

16年分の所得税などの確定申告は2月16日から始まり、今回からマイナンバーの記入が必要となる。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201701231299100010