「中国の統計は正確」=捏造疑惑に高官反論

中国国家統計局の寧吉※(※吉を2つ横並び)局長は20日、記者会見で「全国レベルの統計は正確で信用できる」と述べ、このところ国内で急速に高まっている統計捏造(ねつぞう)疑惑に反論した。

遼寧省の陳求発省長が17日、財政統計の数字は虚偽だったと表明したのが騒ぎの発端。中国メディアが相次いで報じ、国内総生産(GDP)統計もうそではないかとの疑念が一気に強まった。

遼寧省のケースでは、省内の県などの自治体が2011〜14年に財政収入を2割ほど水増しして報告していた。出世を目指す幹部が、地元経済の好調ぶりをアピールする狙いがあったようだ。




http://news.goo.ne.jp/topstories/business/159/40a25a12a604004d20312475a19c7e5b.html