高知県内12JAの統合が確定 2019年1月発足へ

高知県内の12JAは1月18日、臨時総代会(一部は総会)をそれぞれ開き、2019年1月の発足を目指す「県域JA」への参加の承認議案をいずれも可決した。高知県園芸連なども加わる新組織は、地域農協としてはJAさが(佐賀県)に次いで全国2位の販売高約630億円、全国10位の組合員約9万人(正組合員約4万9700人、准組合員約4万1千人)となり、全国有数のJAが誕生する。農家の高齢化など厳しさを増す環境の下で「農家の所得向上」という命題に取り組む。

12JAは、土佐あき、土佐香美、土佐れいほく、南国市、長岡、十市、高知春野、土佐市、コスモス、四万十、津野山、高知はた。

県域JAには中央会、園芸連、信連、全農高知県本部、全共連高知県本部の5連合会も参加する。




http://www.kochinews.co.jp/article/74380/