ロヒンギャ暴行で警官拘束 ミャンマー、映像出回る

ミャンマー政府は2日、西部ラカイン州の村で昨年11月に、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの住民を暴行した疑いがあるとして、複数の警察官を拘束したと発表した。暴行を撮影した映像がインターネット上に出回っていた。

ラカイン州では昨年10月以降、国軍などの治安機関によるロヒンギャ住民の殺害や暴行が多数報告されているが、政府は一貫して否定してきた。治安機関の関与を一定程度認めたのは初めてとみられる。

映像は約1分間で、数十人の男性らが屋外に座らされ、うち一人の顔面や体を警察官が強く蹴ったり、たたいたりする様子が写っている。




http://www.at-s.com/news/article/international/315872.html