黒糖焼酎が長寿促進か 鹿児島大、北大、がん研など共同研究

奄美の黒糖焼酎に含まれる成分が空腹ホルモン「グレリン」を増強し、健康寿命を延ばす可能性が高いことが、鹿児島大と国立がん研究センター、北海道大、岡山大の共同研究で分かった。グレリンは長寿遺伝子「サーチュイン1」を活性化し寿命を延ばすことが分かっている。鹿大医歯学総合研究科の乾明夫教授は「奄美に長寿者が多い要因の一つと分かれば、黒糖焼酎の再評価にもつながる」と期待。成分特定を急いでいる。




http://373news.com/_news/index.php?storyid=81195