高知県いの町の椙本神社に酉のジャンボ絵馬を奉納

2017年のえと、酉(とり)を描いた巨大絵馬(高さ2メートル、幅3・6メートル)がこのほど高知県吾川郡いの町の椙本(すぎもと)神社に奉納された。12月31日昼~1月15日に展示され、年末年始の参拝客を迎える。

椙本神社では、1997年から高知県内の画家が手がけた巨大絵馬を年末年始に展示しており、今回は土佐市の日本画家、中村達志さん(48)が制作した。

画題は「旭日白鳳(きょくじつはくほう)」。朝日をバックに、翼を広げた鳳凰(ほうおう)が悠然と空を舞う姿を約1カ月かけてアクリル絵の具で描いた。

中村さんは「縁起が良いとされる鳳凰が喜びをもたらし、2017年が良い年となってくれれば」と話していた。




http://www.kochinews.co.jp/article/70958/