政府容認、事故から6日 オスプレイ全面飛行再開

在沖縄米軍は19日、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイの飛行を午後に全面的に再開させた。沖縄本島北部沿岸部での13日の不時着事故を受け、運用を停止していた。日本政府は米軍の対応を「理解できる」と容認。事故からわずか6日での再開について、沖縄県側は「言語道断」(翁長雄志知事)と反発した。

防衛省沖縄防衛局は19日午前、沖縄県側に飛行再開容認の方針を説明。翁長氏は日本政府について「もう相手にできない」と不信感を示した。

米軍は不時着事故について、乱気流など空中給油訓練中のトラブルが原因で、機体の問題ではないと防衛省に説明している。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201612181273100010