法定割合縛られず相続 預貯金「遺産分割」可能に

遺産を法律に定められた割合に縛られずに相続人の間で分ける「遺産分割」の対象に、預貯金も含められるかどうかが争われた家事審判の決定で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は19日、従来の判例を変更し、「預貯金は遺産分割できる」との判断を示した。

預貯金を法定割合通りに分けると、事情によっては一部の相続人が不利になるケースがあった。今後はより公平な相続が実現しそうだ。

最高裁は1954年と2004年の両判決で、不動産などとは異なり、預貯金のように分けられる債権は法定割合分をそのまま相続し、遺産分割の対象にならないと判断した。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201610201591400010