調査捕鯨船2隻、南極海へ出港 山口・下関、15年再開後2回目

南極海で調査捕鯨を実施する「勇新丸」など2隻が18日、山口県の下関港を出港した。来年3月までにクロミンククジラ333頭を捕獲する計画。2014年3月の国際司法裁判所(ICJ)判決を受けて政府は捕獲調査を見合わせたが、15年度の再開後は今回で2回目の南極海での調査捕鯨となる。

下関の船団は「勇新丸」(724トン)と「第2勇新丸」(747トン)。16日に青森県・八戸港を出港した「第7開洋丸」(649トン)と、17日に宮城県・塩釜港を出た「第3勇新丸」(742トン)、18日に広島県・因島を出発した母船の「日新丸」(8145トン)と洋上で合流し、南極海に向かう。




http://this.kiji.is/172172502597355001?c=39546741839462401