「発酵食品食べると免疫力上がる」小泉氏が解説

東京農業大学の小泉武夫名誉教授が16日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、発酵食品の健康効果などについて解説した。

日本の伝統食でもあるみそやぬか漬け、納豆などを挙げ、「乳酸菌などの力で発酵させて作る食品は、独特の臭いや味があるが保存性は高い。食べると体内に善玉菌が取り入れられ、免疫力が上がる」などと説明した。簡単なレシピとして、カツオ節と梅干しを使い疲労回復に効果のある飲み物などを紹介した。




http://www.yomiuri.co.jp/science/20161116-OYT1T50100.html?from=ytop_ylist