小泉元首相 核のごみ最終処分場選定「大甘」

小泉純一郎元首相は十六日夜、東京都内で講演し、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定を巡る政府の対応を批判した。「選ばれた自治体が賛成するというのは、あまりにも甘く見過ぎている。大甘だ」と述べた。安倍政権の原発再稼働路線も重ねて非難した。

自らが首相時代に原発政策を推進したことについては「考えが変わったと批判されても、(原発ゼロ政策に)変わった方が良いと思うから運動している」と述べた。

政府は最終処分場の適性がある「科学的有望地」を十二月に提示する方針だが、年明けにずれ込む可能性が出ている。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201611/CK2016111702000123.html