食肉加工大手「米久」が冷凍メンチ自主回収 一部にO157検出

食肉加工大手「米久」(静岡県沼津市)は6日、同社が販売した冷凍メンチカツから腸管出血性大腸菌O157が検出されたため、商品を自主回収すると明らかにした。消費者1人が腹痛を訴えていたという。

米久によると、O157が検出され、回収を始めたのは「ジューシーメンチカツ」(14個入り、420グラム)で、対象は約2万パック。同じ製造ラインで作られた「クリーミィーコロッケ」(同)約3万パックなども回収する。いずれも同市の食品製造会社「タケフーズ」に製造委託していた。 5日に保健所から「体調不良を訴えている消費者がいる」とタケフーズに連絡があった。全国のスーパーなどに流通しており、既に出荷先から在庫の回収を始めたという。




http://www.sankei.com/life/news/161107/lif1611070007-n1.html