脱原発「やり抜いて」 小泉元首相、新潟知事にエール

脱原発を唱える小泉純一郎元首相が四日、新潟市内で講演し、「原発事故が起きれば、取り返しがつかない。核廃棄物の処分場も見つかっていない」などとして、あらためて原発ゼロを目指す必要性を訴えた。

講演会は、再生可能エネルギーの普及を目指す住民団体が主催した。小泉氏は「事故後、原発がなくても、停電は起こらなかった。再生可能エネルギーを増やし、原発ゼロにしていくべきだ」と持論を展開。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重姿勢の米山隆一知事が当選したことに触れ、「知事と結束し、新潟から日本のエネルギー政策を変えてほしい」とエールを送った。

講演会に先立ち、小泉氏は米山知事に会い、「不退転の決意で、やりぬくことが大事だ」と励ました。米山知事は「小泉元首相にお力添えをお願いし、応じてもらった。人脈を紹介してもらったり、アドバイスをしていただければと思う。今後、原発事故を検証して、きちっとした結論に導く。時間軸の違いはあるが、(小泉氏と)ゴールは同じ」と話した。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016110502000137.html