給食に虫など混入=モデル校で19件―兵庫・明石

兵庫県明石市の中学校3校で9月26日~10月6日の間、給食のおかずやご飯に虫やホチキスの針など計19件の異物混入があったことが8日、市教育委員会への取材で分かった。

教職員を含む約1900人が食べたが、健康被害の報告はないという。

市教委によると、同市は2018年4月から全市立中学13校で給食を導入予定で、9月26日から魚住、高丘、大蔵の3中学がモデル校として給食を実施。高丘中学校では同日、中学1年の男子生徒が配膳されたスープの中に2ミリ程度の虫が入っているのに気付いたという。

給食は同日から運用を始めた西部学校給食センター(同市)から配送されており、市教委が混入の経緯を調べている。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000097-jij-soci