西条でサミット記念式典 永納山城跡、どう生かす 

古代山城跡の残る西日本の自治体関係者らが集う「第6回古代山城サミット西条大会」の記念式典が1日、愛媛県西条市神拝の市総合文化会館であり、18市町の関係者や西条市民ら約800人が今治市との境に位置する国史跡「永納山城跡」の整備・活用策を学んだ。

永納山城跡は永納山(132メートル)などの山域に7世紀後半~8世紀前半に築かれた古代山城遺跡。朝鮮半島の白村江の戦い(663年)で唐・新羅連合軍に敗れた倭(後の日本)が侵攻に備えて瀬戸内海沿岸や九州に築いた城の一つと考える説が有力視されている。

式典では、永納山城跡近くの楠河小学校の6年生17人が史跡の特徴や学校の取り組みなどを発表。西条市教育委員会の職員が発掘調査結果や整備の基本方針などを示し、「これから整備を目指す段階で、多くの皆さんと協力して活動していきたい」と話した。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news201610021545