スズキ、3億円所得隠し 一部在庫を経費計上

自動車メーカー「スズキ」(浜松市)が名古屋国税局の税務調査を受け、2015年3月期までの2年間で約3億円の所得隠しを指摘されていたことが13日、関係者への取材で分かった。経理ミスを含む申告漏れ総額は約12億円に上り追徴税額は重加算税を含め約4億5千万円とみられる。

同社は取材に「社内での連絡漏れや税務への知識不足があった。見解の違いがあったが、指摘に従い修正申告し全額納付した」と説明している。関係者によるとスズキは古いレース用オートバイ部品などを廃棄せず、使ったことにして在庫から除外し経費に計上する手口で所得を圧縮し3億円の法人所得を隠したとみられる。




http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-355996.html