原因不明のまひ 115人、一部から「エンテロウイルス」

去年の夏以降、原因不明の麻痺が起きた子どもが相次ぎ、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出された問題で、麻痺の症状が出た患者が115人報告されていたことがわかりました。

国立感染症研究所によりますと、115人は子どもを中心に33の都と府と県で、去年の8月から12月の間に手足などに麻痺の症状が出て入院したと、全国の医療機関から報告されたということです。明らかに感染症が原因ではない人などを除くと75人で、患者の一部からはエンテロウイルスD68が検出されていて、エンテロウイルスが流行していた去年9月に麻痺が起きた人が多かったということです。また、現在も麻痺が残っている人が多くみられました。

厚労省の研究班は、エンテロウイルスとの関連を詳しく調べるとしていて、発熱などが出た後、手足が動かしにくい症状がでたら医療機関を受診してほしいと呼びかけています。




http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160829-00000031-jnn-soci