塩谷町長に見形氏再選 指定廃棄物の処分場建設に反対

東京電力福島第一原発事故で発生した高濃度の放射性物質を含む「指定廃棄物」の処分場建設計画を巡り、栃木県の候補地となっている塩谷(しおや)町で七日、町長選が投開票され、無所属現職の見形(みかた)和久さん(63)が、自民党推薦で無所属元職の手塚功一さん(67)を破り、再選を果たした。

町は二〇一四年七月に処分場候補地に選ばれたが、見形さんは国との協議を一貫して拒否。昨年九月の記録的豪雨で候補地の一部が冠水したため「候補地を返上した」とも主張しており、国は今後も難しい対応を迫られそうだ。

町長選は、国の処分場計画への対応を争点に一騎打ちとなった。ともに候補地の「白紙撤回」を訴えたが、見形さんは町以外の国内一カ所で指定廃棄物を処分すべきだと主張。民進党の国会議員や県議、自民系の町議からも支援を受けた。手塚さんは、自民党とのつながりを生かし二年で問題を解決に導くとした。

指定廃棄物は、国が栃木、千葉、茨城、群馬、宮城の五県にそれぞれ処分場を建設する方針を示している。ただ、各県とも反対の声が強く、計画は進んでいない。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201608/CK2016080802000106.html